【やってみた】アウトドアブランドのレインウェアをゴルフで着てみた。

2021/07/15

 

アウトドアブランドのレインウェアはゴルフでも使えるのか?を検証するために、ゴルフ歴1年のYさんに協力してもらいました。

 

 

デサントマスク発売時にもYさんにはモデルになってもらいました。

ラウンドはこの日が人生で2回目だったというYさん。一緒に回る先輩が雨男で、天気が心配なので念のためレインウェアを用意していきたいとのことだった。

Yさん:「もちろんゴルフブランドのレインウェアには、ゴルフで使いやすいようにいろいろな工夫がされているのは知っている。でもまだゴルフ歴も浅いし、最近始めたキャンプでも使いたいし、ゴルフ以外でも使えるジャケットの方が便利そう…。」

※ゴルフブランドのレインウェアは、ストレッチが効いていて、スイング時にもカサカサとした音が経ちにくい生地を使用してる。他にも、アドレスをする時にお腹部分の生地がダボつかないようマジックテープで絞れるようになっていたり、襟の部分が短めに作られていたり、パフォーマンスだけを考えたら確かにかなり優秀である。
★気になる方はこちらをチェック【もう⾬のプレーに悩まない! 耐⽔性&ストレッチ性に優れたレインウェアで“梅⾬のゴルフ”を断然快適に

 

そこで、アウトドアブランドのレインウェアを貸し出して使ってみてもらうことに。
今回使用したのは、Marmotの「コモドジャケット」。ゴアテックスを使用しているが、生地はしなやかで柔らかい。

 

当日までパンツのカラーが決まらなかったので2色お渡ししたところ両方とも着てくれました。ありがとうございます。

 

Yさん:「結論、ラウンド2回目なら問題なし。機能面では防水性は申し分なく、デザインもスタイリッシュで気に入りました。手首部分にゴムがなくたって、袖のベルクロを止めれば生地が下りてくることはないし、雨が降っていれば生地のカサカサという音もさほど気にならならなかったですよ。

アドレスする時、多少お腹部分の生地はダボ付いたり、襟が高いので口に当たってしまったりはするものの、今のレベルであればパフォーマンスには影響なさそう。」

 

 

一方で、例の雨男の先輩(ゴルフ歴10年)は、「ゴルフブランドのレインウェア派。ゴルフの動きに特化した細かい配慮があり、やはり快適。それに雨男の僕は、レインウェアの使用頻度も高いし(笑)」とのこと。

人それぞれ好みはあるが、他のスポーツでも使いたいという人は、アウトドアブランドのジャケットも検討してみるのも良いのではないだろうか。

実際に、ゴアテックス素材のものを店舗で試着をしてみて、生地の硬さや、カサカサという音が気になってしまう場合はMarmot「ストームジャケット」を試してみてほしい。

 

 

こちらはゴアテックスはないものの、防水、耐久はっ水機能機能付きで、ストレッチも効いた柔らかい生地なので、パラパラくらいの雨であればこちらも快適かもしれない。

Marmotの直営店舗はみなとみらい、大阪、愛知東郷の3店舗。商品に詳しい販売員が好みや希望の用途に合わせてピッタリの一着を紹介してくれることだろう。

 

Marmot店舗情報
https://store.descente.co.jp/marmot/stores/

商品情報