元競泳五輪日本代表 末永雄太さん が教えます!トレーニングツールの効果的な使い方

2021/11/23

末永雄太

北京オリンピック 100m 200m 平泳ぎ日本代表
生年月日 1985年4月7日

一言コメント
トレーニングツールを正しく使用することで、水泳に必要なテクニック習得のサポートをしてくれます!
アリーナではそんなアイテムを多数取り揃えています!
様々なアイテムを使ってみたり、コーチからアドバイスをもらったり、TOPスイマーの泳ぎを研修したりすることで、今できないこともできるようになる日がきっとやってきます。
皆さんの水泳生活がより充実して楽しくなることを応援しています!!

意外と知っているようで知らない
トレーニングツールの活用方法。
練習法や使い方の
ワンポイントアドバイスを
元競泳五輪日本代表の
末永雄太さんに教えてもらいます!

HAND PADDLE
ハンドパドル

正しいストロークで目指せプル動作のパワーアップ!!

手のひらは『パドルに置くだけ』をイメージしましょう。水をキャッチする時には肘が下がらないように気を付けて!肩甲骨と腕を連動させて回していくようにしましょう!!

2022年1月発売予定

FINGER PADDLE
フィンガーパドル

より遠くの水をキャッチする感覚を養おう!

肩甲骨を中心に手を回すように意識しましょう。

BUY

指先で掻こうとしない。フィンガーパドルはあくまで手の一部のイメージで!!

KICK BOARD
キックボード

キック練習に活用しよう!

顎を引いてキックして、前を見ないように。キックボードの浮力に頼って腰・足が沈まないように意識しましょう。

BUY

お腹に力を入れると腰が沈みにくくなります!!

KICK BOARD
ビート板

プルブイとしてもビート版としても使える!水中でのきれいな姿勢を保てるように!

プルブイとして使う時は、足で挟もうとせずに、お尻に力を入れてプルブイを挟むイメージを持つと体がしずみにくくなります。

2021年12月販売予定

SNORKEL
シュノーケル

姿勢や動作を意識して練習に取り組もう!

頭をぶらさないように気を付けましょう!

BUY

SWIM FIN
スイムフィン

水の抵抗や流れの感覚を掴んでフォームを確認しよう!

お腹からフィンまでスムーズにうねるようにイメージしてキックしましょう!(みぞおち⇒お腹⇒腰⇒お尻⇒膝⇒足首⇒フィン、と連動するように!)

BUY

足先で蹴ろうとしないように!逆に足首を痛める事にも繋がってしまう・・・

PULL-KICK PRO
プルキックプロ

小型で持ち運びが便利で多様な使い方!
軸のブレや体幹を意識しながらフォーム改善に役立てよう!

プルブイとして使う時は、足で挟もうとせずに、お尻に力を入れてプルブイを挟むイメージを持つと体がしずみにくくなります。

BUY

POOL BAG
プールバッグ

持っておくと便利!プールバッグ各種

2022年1月発売予定

トレーニングツールを入れるにはメッシュバッグがオススメ!練習で使うツールをまとめて入れられます。

BUY

練習後の濡れた水着、キャップやゴーグルは水を弾いてくれるプルーフバッグに入れてからカバンの中へ! アイテムの量に合わせてサイズは2種類ご用意!

BUY

濡れたアイテムをそのまま持ち運ぶならロールプルーフバッグを!
取りだし口がロール式になっているので、荷物の量に合わせてサイズの調整が可能!